E.N.R. クリプトモネダス

"Everybody Needs A Retreat." - 雑記帳

一神教はセム翻訳を介した東西アーリア思想の融合?AIは新たな時代の終末論?

f:id:btcmatters:20190205185658j:plain

一神教って東のペルシャ思想と西のギリシャ思想がセム思想を経由してできた宗教かな?という仮説を持っています。

今回は前回のゾロアスター・ショックの話の続編です。

続きを読む

悪魔はペルシャ人の創作?一神教は非農耕民アーリア人とセム人の合作

f:id:btcmatters:20190130013758p:plain

きれい、きたない。いい、悪い。好き、嫌い。

...人間は二元論が好きというか、クセです。宗教も同じです。

悪魔は神さまの敵として「発明」されました。いちばん最初に発明したのは誰かわかりませんが、西洋に(したがって世界に)多大な影響を与えたという意味では、ペルシャの宗教家ザラスシュトラ(BC1400-1200年の人)が最有力候補です。

彼の始めたゾロアスター教ユダヤ人には激甚なカルチャーショックでした。そのショックがユダヤ教、ひいてはキリスト教に引き継がれ、人類を進歩へ進歩へと駆り立てる道を用意しました。

続きを読む

姉妹サイト「ロゴスとミュトス」の過去人気記事を大幅リライト:近代史と貨幣論

ãlogos mythosãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 
以下のリンクからどうぞ。

tokoshie-jp.com

  • 語源学のシリーズは3本セットです。
    英語 money の語源からマネー論を展開しています。いわゆる経済学者の貨幣論マルクスを含め、隔靴掻痒で肝心なところに触れていません。
    ざっくりいえば、資本主義の急所は銀行の特権でしょう。資本家の労働者搾取じゃないでしょう(笑)。マルクスは人(特にその集団)を信じすぎです。むしろ傍流の考古学者や経済人類学者の議論の方が穿っていて面白いと感じます。

  • もうひとつは芥川龍之介「神神の微笑」のバテレン批判(?)揶揄(?)にかこつけた歴史学批判です。日本の歴史学者の党派性、国民に固定観念をうえつける歴史の分断行為は度を越していますから。
    近代は伴天連渡来の16世紀あたりを起点にしないと世界と日本史の関係が見えてきません。簡単にいうと、一神教徒の凶暴性は過去のものじゃない。ものわかりよさげな最近の態度にダマされるな!です(笑)。

ヒトラーの炯眼

 

世界が着々と "彼ら" の手に堕ちつつあるとき、ヒトラーは寸毫の肯定的評価も与えてはならない人間の筆頭です。

 

é¢é£ç»å

 以下、『ヒトラーの遺言』から引用しますが、どうか俗流ヒトラー悪魔論の色眼鏡を外して読んでみてください。この稀代の政治家の炯眼は近代史全体を透徹し、はるか現代の趨勢をも正確に見通していたことがわかります。なお、引用文中の強調は引用者によるものです。

続きを読む

NHKが期せずして扱う思想対決:ハラリ vs ガブリエル

NHKはなにか「旬」を取り扱う場合、評価の確定した「旬」しか取り上げません。

ãyuval harariãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

この年末年始の教養系番組のラインアップを見ると、NHKの制作陣は歴史家ユヴァル・ハラリと哲学者マルクス・ガブリエルを旬の若手思想家と見なしているようです。

ãmarkus gabrielãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これは期せずして面白いなと思います。人類史を大きく動かしたヘブライズムと大陸哲学の現代的バトルかもしれないからです。

続きを読む

AI、AIというけれど結局それは軍事技術のヘゲモニー争い

f:id:btcmatters:20181128231258j:plain


兵頭ニ十八さんという軍学者の説は面白いです。以下のAI時代に関する記事をお読みください。

続きを読む

日本建国私説―カタストロフィの生き残りがつくったまほろば

  • 日本人と三貴子
  • 科学的知見
  • 鬼界カルデラ
  • 科学的事実と神話のすり合わせ
  •  過去のいきさつとは?
  • 黄泉神話と禊の思想
  • 統合のシンボルと伊勢神宮の構造
  • 沈黙の文化
  • 自然崇拝の意味
  • 災害に育まれた感性
  • 一神教を拒むわけ

 

日本人と三貴子

よくこんな風に感じます。

  • 日本人は近代化を経た後もご先祖様を大事にしている。
  • 土地にこだわりがある。
  • 東西に目に見えない分断線がある。
  • 外を知れば知るほど、言語的にも文化的にも特異性を感じる。

今日は、これらすべての理由を説明する建国の仮説を書いてみたいと思います。

続きを読む

内国窮乏策:1995年以降の主要国GDP推移

f:id:btcmatters:20190208131114p:plain

出典: https://twitter.com/umiumi2200


データは語る。

 

1995年を100としたGDP推移 

    1995年 2015年 
中国  100  2001.56 
韓国  100  322.14 
米国  100  301.71 
英国  100  298.35 
ギリシャ  100  180.65 

日本  100  99.31

 

日本だけが成長していません。纏足はめられた女官のようです。獅子身中の虫に侵されるかわいそうな国民経済。

元凶は財務官僚。日銀が金融緩和をいくら続けても、財政均衡主義の財務省財政出動を頑なに拒んでいては効果半減です。

もっと最低なのは消費にさらなる罰金を課そうというサディスティックなまでの反成長政策。どうしても日本を元気にしたくないらしいです。

こんな官僚を放置する政治家には、軽々しく「結果がすべて」などといってほしくないです。

西洋思想史は資本制も共産制も結局プロレス

ãç¥ç§ææ³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

結局同じ

四の五の言うより、ひとつの図解です。

 

 

終末論=究極目的の追求

ユダヤキリスト教で確定された終末論の思考、すなわち神の国を目指す進歩思想は、ヘーゲルの観念論で究極に達しました。その直後、神への信仰を失った西洋社会は、すかさず科学主義=唯物論哲学と癒着し、見事にマルクスに踏襲されました。何のことはない目指すところは同じなのでした。ここからあらゆる非西洋世界に対する優越意識が出てきます。

 

自己否定の文明

ただ、注意しなければならないのは、セム思想に冒され、ギリシャローマに逃避場を設けたヨーロッパは先祖崇拝を捨てた、本質的に<自己否定>の文明だということです。ことばの真の意味でネイティブなものを彼らは持ちません。そのため折に触れ、先祖の亡霊に悩まされ、神経症を発症します。それは外部への暴力として表現されるので他の社会にとっては大迷惑です。

 

ヨーロッパ人はこの神経発作を卒業できるのでしょうか?彼らが次の時代に目指す終末的世界は、電子マネーの踊る超ネット社会でしょうか?それともAIが人間に代わって神のごとく宰領する超知社会でしょうか?

 

なぜ神秘思想はすたれないのか?

いずれにしても西洋人たちの頭の中は何一つ変わっていません。そこに彼らの強みと弱みが全部つまっています。アキレス腱は自己否定です。だから神秘主義はすたれないのです。そこで彼らは<先祖の亡霊>とともに生き、昇天したいと願うのです。

逆にいえば、神秘思想にこそ彼らの本音が露呈しているはずです。

ベルクソンの神秘思想観

神秘思想の現代的意義

「神秘」や「ミステリー」といったことばがどんなに手垢にまみれても、自然科学が神の代わりを務めることはできそうにありません。

続きを読む